アルバイトとパート

アルバイトとパートの違い

アルバイトとパートの違いは企業によってその待遇が多少ことなります。それは、アルバイトとパートの違いは企業が勝手にアルバイトやパートの人たちを区別しやすいように分類したもので、よってアルバイトやパートの名称には特に法律的に決められ区分ではないからです。しかしながら、アルバイトとパートの違いは色々な求人情報誌などでは明確に分類されているようです。よって、アルバイトやパートをしたい人個々は求人誌をみて便宜上アルバイトとパートを区別しているようです。色々な求人情報誌でのアルバイトとパートの違いは労働条件などの細かい部分でアルバイトとパートの違いを出し、雇う側と雇われる側の架け橋の役目しています。パートにしてもアルバイトにしても企業側の便宜上の区分であることは上記でものべたとうりですがパートにしてもアルバイトでも労働基準法は適用されます。

アルバイトとパートの社会保険

雇用保険は、1年以上引き続き雇用されることが見込まれ、一週間の所定労働時間が20時間以上、年収が90万円以上見込まれる場合は加入する必要があります。以上の条件を満たした場合。パートにしてもアルバイトにしても、「短時間労働被保険者」として雇用保険に入ることが出来ます。社会保険については、2ヵ月以上を超えて雇用され、週の所定労働時間と出勤日数が、正社員の4分の3以上で、パートにしてもアルバイトにしても社会保険に加入できます。アルバイトとパートでも有給休暇が支給されます。その条件は主婦パ−トやアルバイトであっても、6ヵ月間以上継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤した場合には、パ−トやアルバイトであっても所定労働日数に応じて年次有給休暇を与えなければならないきまりになっています。さらにパ−トやアルバイトは最低賃金法により、賃金の最低額が日額と時間額で定められています。